ガラクタガレージ

自分だけが価値を信じるもの = ガラクタを集め、面白そうなこと、アプリ、商いにとりあえず手を出してみています。ネットショップを複数運営してます。

タダで手にいれたモノをメルカリで売ってみたら売れた

実は今までメルカリでものを売買したことがなく、ちょっとやってみたくなりました。

売るものものちほど紹介しますが、売れそうなガラクタも出てきたので。

メルカリで気になるのはよく言われている「なんでも売れる」の真意や「独自の文化」といったところ、

またネットショップでの販売経験はあるのですがそれとの違いを検証して行きたいと思います。

 

売る商品は最近タダで手にいれたモノ

今回販売するものは

文庫本は前に中野ブロードウェイで無料で置いてあった「エロい副業」

よく行くカフェでたまに配布している「コーヒー豆の麻袋」

こないだご飯を食べにいった老舗すき焼き屋の「コースター」

 

どれもここ最近日常で無料で手に入った、もしかしたら欲しい人がいるかもしれない品々。

 

メルカリでは意外なものが売れてたので、きっとタダで手にはいったものに価値がつくははずです。

 

まさかの即日で売れた

最初は本当に売れるのか疑問だったのですが、なんと「文庫本」が売れました。

しかも即日でコメントが来てそのままご購入。

メルカリの「なんでも売れる」は本当かもしれません。

 

「コーヒー豆の麻袋」と「コースター」はいいねは付いているものの未だに売れていませんが、

さくっと登録しただけなので写真や説明文を工夫すれば売れる可能性はある気がします。

 

売れてから気づいたこと

商品に「値引き交渉」や「専用お願いします」とコメントがきたり、内容のままなので特にわからないことはないのですが

「これがメルカリ独自の文化か」と肌で感じました。

 

今回文庫本が送料込みで¥350で売れたのですが、

送料が¥200ほどかかったので売り上げは¥150と送料の比率が高くただ商品価格は現状がすでに定価の半分ほどなので、

これ以上上げることは難しく「送料は購入者持ち」にしたほうがいいかもしれないと思いました。

またいずれにしろ商品の説明文に配送方法や送料についての記述も追加しておくとコミュニケーションに誤解がなくスムーズに行きそうです。

 

終わりに

結論からいうと自分が「こんなもの売れないよな」と思っても売れる可能性が十二分にあるので登録だけでもしておくべきだと思いました。

まだ1つしか売れていませんが、ゼロイチの成功体験はやはり楽しくワクワクするものですね。またなにか売ってみたいと思いました。