ガラクタガレージ

自分だけが価値を信じるもの = ガラクタを集め、面白そうなこと、アプリ、商いにとりあえず手を出してみています。ネットショップを複数運営してます。

マイクラにハマって3ヶ月の僕が魅力を語ってみる

f:id:garakutagarage:20190104230116j:plain


ブログ更新だいぶ空いてしまいましたが、生きてます。

今日は表題通りマイクラについて語ります。

元々まちづくり系のゲーム(シムシティとかA列車で行こうとか)は好きでしたがどれくらいハマっているのかというと、1.14が待てなくてswitchと一緒に統合版を買うくらいマイクラが好きになりました。新しく登場したパンダ観たいし、新しい村とか楽しみたいし。

 

マイクラを始めたきっかけはYoutuberの実況動画です。

去年は一昨年と比べると圧倒的に動画をみる時間が圧倒的に増え、特にハマったのがマイクラの実況動画でした。

ヒカキンにカズさん、マスオさんといったメジャーなYoutuberがやっている実況動画を見て、なんか面白そうだなーと思って気づいたら買ってました。

そんな始めて3ヶ月の僕が魅力を語ってみたいと思います。

 

1人ゲームだけど虚しさがない

マイクラは「オンラインで同時に友達と遊べる」のですが、僕が言いたいのはそこではなく、Youtuberが実況することによって同じ話題が共有され定期的にやりたくなるのです。ゲームって基本的に自己満足の世界だと思うんですが、すぐに飽きちゃうんですよね。

それをYoutuberがやってるの観ると新しい楽しみ方を提供してくれるかのごとく、同じことやってみたくなるのです。

 

無限の可能性に有限な表現

マップの広さが実質無限な世界では、自由に動き回ることができます。

またゲーム内に回路という概念が存在し、簡易的なプログラミングを組んで世界を便利にすることができます。そもそもゲームという娯楽なのに、その中に便利にする機能があってしかもそれがやり込み要素につながっているのです。

 

一方で、配置されている物体やキャラクターはブロックという正方形の物体で構成されており、グラフィカルなカクカクした世界になっています。FFがリアリティをとことん目指している世界からすると真逆といった感じです。これをどう捉えるかは人それぞれですが、私はむしろ可愛らしい世界でクリーパーのぬいぐるみを買うぐらいには好きです。

 

開発者コミュニティ

ここはまだ未踏の地ですが、マイクラを使ってゾンビゲーム作ってたり、キャラクターの見栄え(スキン)を配布している人がいるのです。ゲームそのものの奥行きというか可能性がありすぎます。

 

 

以上、いかがでしたでしょうか。

最後に最近ハマっているマイクラ実況動画を紹介します。

www.youtube.com